車 両 紹 介

防災指揮車(本署) 
  災害現場などで現場の指揮をとる指揮隊が使用する車両

火災現場や救助現場はもちろんのこと、大規模な救急現場にも出動し現場の指揮を執る。
調査広報車(本署) 
  火災原因調査、広報活動に使用する車両

火災原因調査に必要なメジャー、炭化深度計などの資器材を積載している。

災害時には、資器材・人員搬送車として使用することもある。
査察車(本署) 
  火災予防に関する業務に使用する車両

危険物施設や防火対象物の立入検査(査察)などに使用する。

災害時には、資器材・人員搬送車として使用することもある。
指令広報車(支署) 
  主に災害以外の事務連絡等に使用する車両

災害時には、資器材・人員搬送車として使用することもある。
タンク車(本署) 
  消火活動に使用する車両

車両内のタンクには0.6トンの水が積載されており、車両単体で放水することかできる。
また、特殊な液を使用することにより泡を放水することもできる。
ポンプ車(本署) 
  消火活動に使用する車両

タンク車とは違いタンクがなく水を積載していないため、消火栓や防火水槽から吸水し放水を行う。

緊急消防援助隊(消火隊)の車両として登録されているため、新上五島町以外で発生した災害にも出動することがある。

 救助工作車(本署)
  救助活動に使用する車両

車両前部にウインチを装備しており、重量物を引っ張ることができる。
また、車両天井部には強力な照明が装備されており、救助活動だけではなく、夜間の消火活動などにも使用されている。
支援車(本署) 
  資器材を搬送するための車両

消火活動や救助活動の際に多くの資器材を必要とする場面で活躍する。

緊急消防援助隊(後方支援隊)の車両として登録されているため、新上五島町以外で発生した災害にも出動することがある。
ポンプ車(分遣隊) 
  消火活動・救助活動に使用する車両

タンク車とは違いタンクがなく水を積載していないため、消火栓や防火水槽から吸水し放水を行う。
また、消火活動だけではなく、救助活動に必要な資器材も積載し分遣隊管内における救助事案にも対応している。
タンク車(支署) 
  消火活動に使用する車両

車両内のタンクには1.5トンの水が積載されており、車両単体で放水することかできる。
ポンプ車(支署) 
  消火活動・救助活動に使用する車両

タンク車とは違いタンクがなく水を積載していないため、消火栓や防火水槽から吸水し放水を行う。
また、消火活動だけではなく、救助活動に必要な資器材も積載し支署管内における救助事案にも対応している
高規格救急車(本署)
  救急活動に使用する車両

基本3名の隊員が搭乗し出動するが、うち1名以上は救急業務における特別な資格をもった救急救命士が搭乗することとなっている。
標準救急車(本署) 
  救急活動に使用する車両

高規格救急車よりも内部スペースは狭いが、積載している機材は高規格救急車に引けをとらない。
標準救急車(分遣隊) 
  救急活動に使用する車両

高規格救急車よりも内部スペースは狭いが、積載している機材は高規格救急車に引けをとらない。
高規格救急車(支署) 
  救急活動に使用する車両

基本3名の隊員が搭乗し出動するが、うち1名以上は救急業務における特別な資格をもった救急救命士が搭乗することとなっている。
標準救急車(支署) 
  救急活動に使用する車両

高規格救急車よりも内部スペースは狭いが、積載している機材は高規格救急車に引けをとらない。